【CEATEC JAPAN 2010】富士通、二つのタッチパネルを操るケータイを参考出展

ニュース

2010/10/05 20:22

 10月5日に開幕した国内最大の電機/ITの総合見本市「CEATEC JAPAN(シーテックジャパン) 2010」。富士通のブースでは、「大画面ダブルタッチパネルケータイ」を参考出展している。

上下にタッチ操作対応のワイドディスプレイを備える「大画面ダブルタッチパネルケータイ」

 上下にタッチ操作対応のワイドディスプレイを備える折りたたみ式の携帯電話。二つの画面それぞれに、第三者と共有する「ソーシャル」、自分たけの領域「ローカル」を割り当てて表示し、シームレスに操作できる。

折りたたみ時

 例えば、上の画面にSNSのグループ、下の画面に携帯電話に保存する写真のサムネイルを表示。画像を下画面から上画面にフリックするだけで、SNSで共有できる。

上の画面にSNSのグループ、下の画面に保存する写真のサムネイルを表示(左)、メールの一覧を上画面に、プレビューを下画面に表示(右)

 メールの一覧を上画面に、プレビューを下画面に表示することもできる。両画面ともに縦から横にスライドできる「スイング横モーション」に対応。二つの画面を一つの画面として利用でき、ウェブサイトなどが閲覧しやすくなる。

「スイング横モーション」に対応

 このほか、Windows OSとタッチパネル搭載のスレート型PCも参考出展。こちらは来年中の発売を予定しているという。

参考出展のスレート型PC

オススメの記事