日本HP、メールやアプリ経由で印刷できる複合機、高さ10cmのスリムモデルも

ニュース

2010/09/28 15:29

 日本ヒューレット・パッカードは、インターネットに接続できる「ネットプリンタ」として、モバイル機器からのメールやウェブサイトから印刷できるインクジェットプリンタの複合機3モデルを9月30日から順次発売する。

 プリンタに個別に割り振られたメールアドレスにメールを送信すれば、プリンタドライバをもたないiPhoneなどのスマートフォンやPDA、モバイルPCから印刷できる機能「メールdeプリント」を備える。

HP Photosmart Premium C310c

 さらに、アプリケーション経由で専用サイトにアクセスし、ゲームや塗り絵、クーポン、レシピなどの情報を選択、印刷する機能「アプリdeプリント」を備える。アプリは、カレンダーやゲームなどを集めた「ライトアプリ」と、クーポンや地図、天気予報などを収録する「プレミアアプリ」の2種類がある。

 いずれもIEEE802.11b/g/nに準拠した無線LANに対応。SDカード、メモリースティックデュオ、マルチメディアカードを挿入できるカードスロットを装備する。カラーはブラック。

HP Photosmart Plus B210a

 「HP Photosmart Premium C310c」は、4.3型タッチパネル式モニタを搭載する上位モデル。「アプリdeプリント」は、ライトアプリとプレミアアプリに対応する。2種類の用紙をセットすることで用紙交換の手間を省く2段給紙トレイを備える。インクは5色独立インク。自動両面印刷機能付き。直販サイト「HP Directplus」での価格は2万7930円。発売は10月下旬の予定。

 「HP Photosmart Plus B210a」は、3.45型タッチパネル式モニタを搭載するスタンダードモデル。「アプリdeプリント」は、ライトアプリのみ対応する。トレイは2段給紙トレイで、インクは4色独立インク。「HP Directplus」での価格は1万9950円。発売日は9月30日。

HP ENVY100

 「HP ENVY100」は、高さ約10cmのスリムボディで、すっきりとした外観のモデル。印刷するとき、3.45型タッチパネル式モニタを備えたフロントパネルが開き、印刷が終了すると自動的に閉まる構造を採用した。「アプリdeプリント」は、ライトアプリとプレミアアプリに対応。インクはインクヘッド一体型の4色インク。自動両面印刷に対応する。「HP Directplus」での価格は2万9820円。発売は11月中旬の予定。

オススメの記事