ソニー、高音質技術搭載のウォークマン SシリーズとAシリーズ、計8機種

ニュース

2010/09/15 17:27

 ソニーは、携帯オーディオプレーヤーウォークマン」シリーズで、独自の高音質技術を搭載した「NW-A850シリーズ」3機種を11月13日に、豊富なカラーバリエーションを用意する「NW-S750シリーズ/NW-S750Kシリーズ」5機種を10月9日に発売する。

 「NW-A850シリーズ」は、約7.2mmのスリムな本体に、2.8型ワイド有機ELディスプレイを搭載。音楽のほか、動画・静止画の再生、FMラジオ、ポッドキャストに対応する。同社の高級ステレオアンプなどにも搭載するフルデジタルアンプ「S-Master」や、周囲の騒音を約98.0%除去するデジタルノイズキャンセリング機能をはじめ、6種類の高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を搭載する。

NW-A850シリーズ

 メモリ容量は16GB、32GB、64GBの3種類、カラーは16GBと32GBはブラック、ホワイト、ロゼピンクの3色、64GBはブラック、ホワイトの2色。

 「NW-S750シリーズ/NW-S750Kシリーズ」は、2.0型カラー液晶を搭載し、NW-A850シリーズ同様、音楽・動画・静止画の再生、FMラジオ、ポッドキャストに対応する。今回、新たに周囲の騒音を約98.0%除去し、電車・バス/航空機/室内モードの中から環境に応じて選択可能なデジタルノイズキャンセリング機能を全機種に搭載。これを含め、5種類の「クリアオーディオテクノロジー」を搭載する。

NW-S750シリーズ

 「NW-S750Kシリーズ」は、総合出力2Wで本体に合わせたデザインの専用スピーカーが付属。スピーカーに本体をセットしたまま充電や再生を行うことができる。ウォークマン本体の充電池を利用してスピーカーを駆動させ、屋外など、コンセントのない場所で音楽を聴くことも可能。音楽の連続再生時間は通常時で約50時間、デジタルノイズキャンセリング機能使用時は約40時間。

NW-S750Kシリーズ(スピーカー付属モデル

 メモリ容量は、「NW-S750シリーズ」が8GB、16GB、32GBの3種類、スピーカー付属モデル「NW-S750Kシリーズ」は8GBと16GBの2種類。カラーは、ともにブルー、ビビッドピンク、グリーン、バイオレット、ゴールド、ライトピンク、ホワイト、ブラックの8色。さらに、直販サイト「ソニースタイル」では、「ソニースタイル」限定モデル「プリンセスライラック」を発売する。

 全機種共通の新機能として、音楽の進行に合わせて歌詞を自動的にスクロール表示する歌詞表示機能「歌詞ピタ」を強化し、歌詞を表示しながら語学学習モードを併用できるようにしたほか、ジャケット写真上に歌詞をより大きく、見やすく表示する。このほか、ボーカルキャンセルやキーの調整ができる「カラオケモード」、シーンに合わせて自動的に選曲する「おまかせチャンネル」、人気ランキングやおすすめの試聴曲を手軽に楽しめる「ちょい聴きmora」機能を搭載する。

 価格はすべてオープン。実勢価格は「NW-A850シリーズ」の16GBモデル「NW-A855」が2万4000円前後、32GBモデル「NW-A856」が3万円前後、64GBモデル「NW-A857」が4万円前後、「NW-S750シリーズ」の8GBモデル「NW-S754」が1万4000円前後、16GBモデル「NW-S755」が1万7000円前後、32GBモデル「NW-S756」が2万円前後、スピーカー付属モデル「NW-S750Kシリーズ」の8GBモデル「NW-S754K」が1万7000円前後、16GBモデル「NW-S755K」が2万円前後の見込み。

オススメの記事