ソニー、プレートタイプにデザインを一新したウォークマン Eシリーズ

ニュース

2010/09/15 17:22

 ソニーは、デザインをコンパクトなプレートタイプに一新し、操作性や音質など、基本性能を強化した携帯オーディオプレーヤーウォークマン NW-E050シリーズ/NW-E050Kシリーズ」4機種を、10月9日に発売する。

NW-E050シリーズ

 これまでのEシリーズから、本体デザインを一新。幅34.8×高さ77.0×奥行9.8mmのコンパクトなプレートタイプのボディに、1.4型カラー液晶や独自の高音質技術を新たに搭載した。音楽の進行に合わせて歌詞を自動的にスクロール表示する歌詞表示機能「歌詞ピタ」を搭載する。

 FMラジオやシーンに合わせて自動的に選曲する「おまかせチャンネル」、人気ランキングやおすすめの試聴曲を手軽に楽しめる「ちょい聴きmora」機能、CD/MDプレーヤーなどから音楽を直接録音できるダイレクトエンコーディング機能などを搭載する。音楽の連続再生時間は約30時間。

 「NW-E050シリーズ」はプレーヤー本体のみ、「NW-E050Kシリーズ」は本体に合わせたデザインの専用スピーカーが付属する。専用スピーカーは直径わずか57mmとコンパクトながら大出力500mWを実現し、スピーカー下部から音楽が広がる。

NW-E050Kシリーズ(スピーカー付属モデル

 2シリーズともに、メモリ容量は2GBと4GBの2種類、カラーはブルー、ピンク、シルバー、ブラックの4色を用意する。さらに、直販サイト「ソニースタイル」では、ソニースタイル限定モデル「NW-E053/BI」(容量2GB・スモーキーブラック)を発売する。

 価格はオープン。実勢価格は「NW-E050シリーズ」の2GBモデル「NW-E052」が8000円前後、4GBモデル「NW-E053」が1万円前後、「NW-E050Kシリーズ」の2GBモデル「NW-E052K」が1万円前後、4GBモデル「NW-E053K」が1万2000円前後の見込み。

オススメの記事