ビックカメラ、渋谷東口店、新横浜店など6店舗に「Appleショップ」オープン

ニュース

2010/09/13 14:29

 ビックカメラは、アップル製品の専門コーナー「Appleショップ」を、新たに大宮西口そごう店、柏店、ラゾーナ川崎店、聖蹟桜ヶ丘駅店、渋谷東口店、新横浜店の6店舗内にオープンする。

Appleショップ」のイメージ(写真は、既存の有楽町店本館のもの)

 オープン日は、大宮西口そごう店、柏店が9月11日(オープン済み)、渋谷東口店、ラゾーナ川崎店、聖跡桜ヶ丘駅店が9月18日、新横浜店が9月25日。今回のオープンで、ビックカメラ内に展開する「Appleショップ」は合計11店舗となる。

 「Appleショップ」は、アップル直営店のように、実機に触ってMacのよさを体感できるコーナー。専門カウンターを設置し、製品を熟知する専門スタッフが常駐して、さまざまなデモンストレーションやワークショップを通じて最新のMacやiPodiPadの魅力をわかりやすく紹介する。

 今回、「Appleショップ」のオープンを記念して、デモンストレーションに参加した人に、アップルオリジナルグッズをプレゼント(なくなり次第終了)。また、iPhone、iPod、iPad購入者には「iTunes」の使い方のレッスンを行う。

 「Appleショップ」は、2007年から、ビックカメラケーズデンキ、エイデン、ベスト電器などの家電量販店で展開。アップルのウェブサイトでは、設置店の店舗リストを公開している。

オススメの記事