マウスコンピューターは、モバイルデバイス端末「LuvPad(ラヴパッド)」シリーズ第1弾として、OSにAndroid 2.2を搭載した「LuvPad AD100」を9月末に発売する。直販サイト、電話通販窓口、ダイレクトショップと一部の量販店で販売し、価格は3万9800円(予定)。

LuvPad AD100(製品イメージ)

 「LuvPad AD100」は、解像度1024×600ドットの10型静電容量マルチタッチワイド液晶を搭載したスレート(板)型のモバイル端末。アップルのiPadのように指で触って操作でき、拡大や縮小、縦横表示にも対応する。

 OSには、米グーグルの携帯情報端末向けOSのAndroid 2.2、CPUには、NVIDIA製フルHD超低消費電力ウェブ・プロセッサ、NVIDIA Tegra 250を採用し、高速性を実現した。ストレージ容量はOS起動用が512MB、データ保存用が8GB(フラッシュメモリ)。このほか、IEEE802.11b/g準拠の無線LAN、USB2.0ポート(miniポート)、microSDカードスロット、スピーカーなどを搭載する。重さは約760g。 

LuvPadのロゴ(左)とLuvPad AD100を手に持った状態(右)

 日本語入力アプリとして、フリック入力に対応した「Simeji」をプリインストール。その他のソフトウェアについても、ユーザーの要望に応じて順次提供していく予定。詳しい情報は、「LuvPad」の製品サイトで公開する。