マカフィー、進行する偽造文書ビジネス、パスポートや運転免許証など

ニュース

2010/08/30 14:21

 マカフィーが、個人情報流出によって進行する偽造文書ビジネスについて、警鐘を鳴らしている。犯罪者が財務データを収集・利用して法的文書を偽造し、それを販売することで収入を得ていると、自社ブログで注意を喚起した。

 代表的な偽造文書としてパスポートがある。ウェブサイトでは、国ごとに分類した偽造パスポートを大量に提供している。最も値段が安いのはアゼルバイジャンのパスポートで、870米ドル。フランスのパスポートは5530米ドルだった。個人情報と署名、写真を偽造者に送信したら作成される仕組みだ。

国別の偽造パスポートの価格一覧

 パスポートのほか、クレジットカード、運転免許証もビジネスの対象になっている。これらの文書を偽造するには、通常のフィッシングで入手する財務データ以外に、個人データが必要となる。サイバー犯罪者はデータを入手するため、オンライン/オフラインに限らず、個人情報が入手できる場所を探している。マカフィーは、個人情報を発信するときは気を付けるよう、呼びかけている。

オススメの記事