シャープ、薄型のLEDシーリングライトを発表、調色・調光モデルも

ニュース

2010/08/19 18:32

 シャープは、LED照明「ELM(エルム)」から、薄型のLEDシーリングライト6機種を、9月17日に発売する。価格はオープン。


 最厚部43mm、最薄部8mmのLEDシーリングライト。広範囲な配光と均一面発光によって天井になじみ、部屋が広く感じられるという。

最厚部43mm、最薄部8mmと薄型

 点灯後、時間の経過とともに緩やかに明るさを抑えていく「エコ調光」や、外光や照明器具の光を検知して余分な明るさを抑える「エコセンサー」などの省エネ機能をもつ。

10段階で光の色を変えることができる

 「DL-C501V」「DL-C301V」「DL-302V」は、白熱電球に近く、赤みがかった暖色系から青みがかった寒色系まで、10段階で光の色を変えることができる「調色機能」と、それぞれの光色を10段階の明るさに変えられる「調光機能」を備え、合計110通りの光色と明るさを選ぶことができる。

 さらに、一日の光を自動で調色・調光する「エコあかリズム」に対応。エコあかリズムをエコ調光とエコセンサーと合わせれば、最大約65%の省エネ効果が得られる。

 実勢価格は、12畳用の「DL-C501V」(86W)が7万5000円前後、8畳用の「DL-C301V」(59W)が6万円前後、8畳用で和風デザインの「DL-302V」(59W)が6万5000円前後。

リビングを広々と感じさせる

 調色・調光機能/エコあかリズムに非対応の3機種をラインアップ。実勢価格は12畳用の「DL-C501D」(86W)が5万5000円前後、8畳用の「DL-C301D」(59W)が4万5000円前後、6畳用の「DL-C201D」(46W)が3万5000円前後。

 設計寿命は全機種4万時間で、1日10時間使用しても、10年以上取り替えが不要。リモコン付き。

健康・環境システム事業本部の大塚尚孝副本部長

 8月19日の発表会で、健康・環境システム事業本部の大塚尚孝副本部長は、「今後、住宅用ラインアップの拡大や、米国などの海外事業の立ち上げで、LED照明事業を拡大していく」と方針を語った。

オススメの記事