ニコンは、プロジェクター内蔵のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S1100pj」を9月16日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万3000円前後の見込み。

COOLPIX S1100pj

 2009年10月に、世界で初めてプロジェクターを内蔵したコンパクトデジタルカメラとして発売した「COOLPIX S1000pj」の後継機。

 プロジェクターの明るさを従来機の10ルーメンから14ルーメンに40%向上。投映距離は約0.26-2.40m、投映サイズは5-47型までで、明るい場所やテントの中、天井などにも鮮明に投映することができる。また、プロジェクター投映時も、背面モニタに映像を同時に表示することができるようになった。

 付属のUSBケーブルでカメラをPCに接続すれば、PCのモニタに表示するさまざまなデータ形式の資料や写真を投映できる。PowerPointフォーマットのデータもJPEGに変換してSDカードに記録すれば、PCがなくても外出先で手軽にプレゼンテーションができる。

 モニタは解像度約46万ドットの3型タッチパネル液晶。プロジェクター機能と連動し、投映中の写真に文字やイラストを書き込んだり、花や魚などのスタンプを貼り付けたりできる。

 撮影した写真にタッチするだけで、画像の色調を変える「ピクチャーカラー」や、周囲をボカして被写体を強調する「ソフト」、そのほか「魚眼効果」「ミニチュア効果」など、6種類のフィルター効果で画像を編集できる。

 有効画素数は1410万画素。35mmフィルムカメラ換算で28-140mm相当の光学5倍ズームニッコールレンズを搭載。内蔵メモリは約79MBで、外部メモリはSD/SDHC/SDXCカードに対応する。電源はリチウムイオン充電池。本体サイズは幅100.8×高さ62.7×厚さ24.1mm、重さ約180g。カラーはシルバーとブラック。