オリンパス、動画でもフィルター効果! コンデジ「μ-7050」など3モデル

ニュース

2010/08/18 20:16

 オリンパスイメージングは、コンパクトデジタルカメラの新製品として、静止画や動画の風合いを調整できる多彩なフィルター機能をもつ「μ-7050」など3モデルを、8月下旬から順次発売する。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、「μ-7050」が3万円前後、光学5倍ズームレンズを搭載する「FE-5050」が2万円前後、光学4倍ズームレンズの「FE-4050」が1万5000円前後の見込み。

 「μ-7050」は、撮像素子が有効1400万画素の1/2.3型CCD、焦点距離28-196mm(35mmフィルムカメラ換算)の光学7倍ズームレンズをもつ上位モデル。CCDシフト方式の手ブレ補正機構と高感度撮影をあわせて使用する「DUAL IS」によって、高精細な写真が撮影できる。

μ-7050

 静止画の色合いや明るさ、コントラストを調整して、個性的な作品に仕上げることができる「マジックフィルター」には、「ポップ」「ピンホール」「フィッシュアイ」「スケッチ」の4種類に、「ウェディング」「ロック」の2種類を追加した6種類を揃える。さらに、動画は「マジックムービー」として、「ポップ」「ピンホール」「スケッチ」「ロック」の4種類があり、動画でもフィルター効果を楽しむことができる。

 液晶モニタは3.0型。動画は記録方式「MPEG-4 AVC/H.264」に対応し、1280×720ピクセルのハイビジョン画質で撮影することができる。コネクタにはHDMI端子を装備する。記録媒体はSD/SDHCカードと、2GBの内蔵メモリ。サイズは幅94.5×高さ55.5×奥行き26.1mm、重さは145g。電源はリチウムイオン充電池。カラーはシルバー、ピンク、ブラック。

FE-5050

 「FE-5050」は、有効1400万画素の1/2.3型CCD、焦点距離26-130mm(35mmフィルムカメラ換算)の光学5倍ズームレンズを搭載する。静止画のマジックフィルター機能として、「μ-7050」と同様、「ポップ」「ピンホール」「フィッシュアイ」「スケッチ」「ウェディング」「ロック」の6種類を揃える。

 液晶モニタは2.7型。記録媒体は92MBの内蔵メモリと、外部メモリとしてSD/SDHCカードに対応する。サイズは幅92.0×高さ55.0×奥行き18.8mm、重さは114g。電源はリチウムイオン充電池。カラーはシルバー、ゴールド、ピンク、ブルー、ブラック。高級感のあるメタリックな外観に仕上げた。

FE-4050

 「FE-4050」は、サイズが幅91.7×高さ56.0×奥行き19.9mm、重さ112gとスリムなボディに仕上げたエントリーモデル。有効1200万画素の1/2.3型CCD、焦点距離27-108mm(35mmフィルムカメラ換算)の光学4倍ズームレンズを搭載する。

 「FE-5050」と同様、6種類のマジックフィルターを搭載する。液晶モニタのサイズは2.7型。記録媒体はSD/SDHCカードと92MBの内蔵メモリ。電源はリチウムイオン充電池。カラーはシルバー、ブラック、レッド、ホワイト。

オススメの記事