三菱、DTPや写真加工に適した24.1型液晶ディスプレイ、色管理が容易に

ニュース

2010/08/18 16:09

 三菱電機は、印刷業界やデジタル一眼ユーザー向けの液晶ディスプレイの上級モデルとして、ハードウェアキャリブレーションに対応した24.1型ワイドの「Diamondcrysta Color RDT241WH(BK)」を9月1日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9万9800円前後の見込み。

Diamondcrysta Color RDT241WH(BK)

 色調変化が少なく上下左右178度の広い視野角をもつ、1920×1200画素のH-IPS液晶パネルを採用。Adobe RGB比で約107%(カバー率約97%)の広い色域を実現した。市販の測色器(カラーセンサー)を使用し、高精度な色管理(カラーマネージメント)が簡単に行えるハードウェアキャリブレーションソフト「EASYCOLOR EXPERT」、色調整用のチャートを使って簡単に色管理ができるソフト「EASYCOLOR!」が付属。DTPや写真・印刷分野での色管理に対応する。

 画面の角度は、上下は上が30度で下は5度、左右は340度、高さは110mmまで調節でき、画面を90度回転して縦位置で表示することもできる。コネクタはHDCP対応のDVI-D端子とDVI-I端子、ミニD-sub15ピンを備える。カラーはブラック。

オススメの記事