きれいな空気を持ち運ぶ! シャープからモバイルタイプの小型イオン発生機

ニュース

2010/08/17 17:37

 シャープは、空気の浮遊カビ菌などを分解・排除するプラズマクラスター技術を採用したイオン発生機の新モデルとして、手のひらに収まるコンパクトなモバイルタイプの「IG-CM1」を、9月1日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万3000円前後の見込み。

小型・軽量のイオン発生機「IG-CM1」

 「IG-CM1」は手のひらサイズで、従来の据置型イオン発生機と異なり、いつでも簡単に持ち運ぶことができ、オフィスやレストラン、ホテル、電車など、あらゆる場所で「高濃度プラズマクラスター25000」によって自分の周囲の空気を浄化したり、美肌効果を得たりすることができる。サイズは幅57×高さ124mm、重さ150gと、携帯電話とほぼ同じで、バッグやポケットに入る。

手のひらに収まる

 主なターゲットユーザーとして、オフィスワークが中心の20-30代の女性、清潔感に気を配る20-30代の男性を設定。クラシックなブラックとホワイトのほか、女性をイメージしたピンクとベージュの4色で展開するなど、幅広いユーザー層を狙う。

健康・環境システム事業本部 空調システム事業部の鈴木隆副事業部長

 8月17日の発表会で、健康・環境システム事業本部 空調システム事業部の鈴木隆副事業部長は、「家庭内で使うだけでなく、利用シーンを広げることで、どこでもきれいな空気を求める潜在需要に対応していく」と、新規ユーザーの開拓へ期待を寄せる。2010年度(3月期)に、全世界で3000万台の販売台数を目標に掲げている。

角度の切り替えができる

 「IG-CM1」は、吹出口から前方約80cmの地点まで「高濃度プラズマクラスター25000」を放出。浮遊するカビ菌などを分解・除去して空気を浄化するだけでなく、周囲のイオンを取り囲む水分子が肌の表面に付着することで、保湿・弾力性向上・キメが整う・皮脂の抑制という美肌効果をもたらす。

 充電池の連続駆動時間は約8時間。USB/AC電源に対応する。設置場所に応じて、スタンドの角度を25度から50度へ切り替えることができる。

オススメの記事