米マカフィー、サイバーセキュリティに関する年次レポートを発表

ニュース

2010/08/11 14:07

 米マカフィーは、サイバーセキュリティに関する年次レポート「マカフィー セキュリティ ジャーナル (McAfee Security Journal) 2010」を発表、同レポートで、高度化するサイバー犯罪の対策には積極的なセキュリティ戦略の構築が必須と説いた。

 「マカフィー セキュリティ ジャーナル」は、国際的に活躍するマカフィーラボ所属のセキュリティ研究員が執筆したもので、この1年間の研究成果をまとめた集大成のレポート。今回のレポートでは、セキュリティ業界がサイバー犯罪者に対してより積極的な姿勢をとる必要性を強調している。

 また、最近のサイバースパイ活動、サイバー犯罪組織の分裂、制御システムや電力会社を狙った「Stuxnet」などの高度なマルウェアが重要インフラにもたらす脅威を踏まえ、サイバー犯罪に対抗するために、積極的な戦略をとっていく必要が出ていることを訴えている。

 ほかにも、高度なセキュリティ戦略を構築するために、「ハッカーと同じ技法を使用する」「情報を提供して犯罪者の起訴に貢献する」「第三者と情報を共有する」「実証済みの対策を導入する」「サイバー犯罪者のリスクを高める」「サイバー犯罪とサイバー教育について啓もうする」などの方法が必要としている。

オススメの記事