メガソフト、建築プレゼンソフトの新版、太陽光パネルの予想発電量計算も

ニュース

2010/07/20 17:09

 メガソフトは、住宅・建築プレゼンテーションソフト「3DマイホームデザイナーPRO」の新製品を、7月30日に発売する。価格は、スタンダード版「3DマイホームデザイナーPRO7」が6万3000円、インターネットレンダリングサービス「Optimage」対応の上位版「3DマイホームデザイナーPRO7 PREMIUM」が9万4500円前後の見込み。

住宅・建築プレゼンテーションソフト「3DマイホームデザイナーPRO7」(左)と「3DマイホームデザイナーPRO7 PREMIUM」

 マウス操作で間取りプランや3DCGのパース図ができるなど、設計事務所や工務店が施主への住宅・建築プレゼンテーション資料を作成するときに便利なソフト。

 最新版は、寸法線付きの立面図出力機能を追加。ウィザード画面に従ってサイズや種類を指定し、オリジナル建具の作成も簡単にできる。

 また、全国801か所の日射量のデータや、設置予定の太陽光パネルの発電出力、パネル傾斜角度、方位などをもとに、年間予想発電量を計算することができる太陽光パネルシミュレーション機能を備えた。

 開口部の熱貫流や日射侵入率を計算し、住宅の省エネルギー性能を評価する機能付き。iPhoneアプリケーション「3D家ビューア」に対応する。対応OSは、Windows 7/Vista/XP。

オススメの記事