2010年6月の携帯電話ランキング、iPhone 4トップ獲得ならず

特集

2010/07/14 20:37

 2010年夏モデルとして、各キャリアから新しい携帯電話が続々と発売されている。なかでも、パソコンのように自由にアプリをインストールし、自分好みにカスタマイズできる「スマートフォン」が話題を集めている。6月24日には、人気のiPhoneの約1年ぶりのモデルチェンジとなる「iPhone 4」と、au初のスマートフォン「IS02」が発売された。「iPhone 4」は発売から2週間ほど経った今も品薄状態が続いている。では、実際の売れ行きはどうだったのか? まずは「BCNランキング」のデータをもとに、スマートフォンを含む携帯電話全体のランキングを紹介しよう。

左から、NTTドコモの携帯電話「F-06B」(CYAN)、ソフトバンクモバイルのスマートフォンiPhone 4」、au初のスマートフォン「IS02」

ドコモは夏モデルが好調 「Xperia」の連続1位記録途切れる



 2010年6月の携帯電話全体の販売台数1位はNTTドコモの「F-06B」、2位は同じくNTTドコモの「Xperia SO-01B」、3位はソフトバンクモバイルの「iPhone 3GS」の16GBモデルだった。前月1位だったAndroid OS搭載のスマートフォン「Xperia SO-01B」は2位にダウンし、連続1位記録は2か月で途切れた。

2010年6月 携帯電話
販売台数ランキング<全キャリア合算>
順位 キャリア メーカー 品名 型番 タイプ 発売年月
1 NTTドコモ 富士通 F-06B F-06B - 2010/06
2 NTTドコモ ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Xperia SO-01B スマートフォン 2010/04
3 SoftBank アップル iPhone 3GS 16GB iPhone 3GS 16GB スマートフォン 2009/06
4 NTTドコモ シャープ AQUOS SHOT SH-07B - 2010/05
5 NTTドコモ シャープ SH-08B SH-08B - 2010/06
6 NTTドコモ NECカシオモバイルコミュニケーションズ N-06B N-06B - 2010/06
7 au 京セラ SA002 SA002 - 2010/05
8 SoftBank アップル iPhone 4 32GB iPhone 4 32GB スマートフォン 2010/06
9 au 京セラ 簡単ケータイ K003 K003 - 2009/08
10 NTTドコモ パナソニック モバイルコミュニケーションズ VIERAケータイ P-04B - 2010/05
※太字はスマートフォン
BCNランキング」2010年6月 月次<最大パネル>

 「iPhone 4」は、32GBモデルこそ8位に入ったものの、16GBモデルは32位にとどまった。ごく一部の店舗を除いて当日販売分がなかったことや、ホワイトモデルの発売が7月後半に延期になったことが響いたようだ。とはいえ、週次データでは、6月第3週(2010年6月21日-6月27日)から直近週まで、3週連続で32GBモデルが1位を獲得しており、十分に好調なスタートを切ったといえるだろう。なお、「BCNランキング」の集計データには、ソフトバンクショップなどの携帯電話専門店や、アップル直営店の「Apple Store」で売れた分は含まれていない。

 続いて、主要3キャリア、NTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクモバイルについて、それぞれ2010年6月の月間トップ10を紹介しよう。

2010年6月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<NTTドコモ>
順位 メーカー 品名 型番 メインカメラの有効画素数(画素) 形状 発売年月
1 富士通 F-06B F-06B 約1320万 スライド 2010/06
2 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Xperia SO-01B 約810万 ストレート 2010/04
3 シャープ AQUOS SHOT SH-07B 約1210万 回転2軸 2010/05
4 シャープ SH-08B SH-08B 約800万 折りたたみ 2010/06
5 NECカシオモバイルコミュニケーションズ N-06B N-06B 約510万 折りたたみ 2010/06
6 パナソニック モバイルコミュニケーションズ VIERAケータイ P-04B 約1320万 折りたたみ 2010/05
7 富士通 らくらくホン ベーシックII F-07A 約200万 折りたたみ 2009/04
8 NECカシオモバイルコミュニケーションズ amadanaケータイ N-07B 約510万 スライド 2010/06
9 NECカシオモバイルコミュニケーションズ 瞬撮ケータイ N-04B 約1220万 回転2軸 2010/05
10 NECカシオモバイルコミュニケーションズ Francfrancケータイ N-05B 約810万 折りたたみ 2010/06
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2010年6月 月次<最大パネル>

 NTTドコモの1位は、携帯電話全体でも1位だった富士通製の防水スライド端末「F-06B」が獲得。トップ10の顔ぶれは、前月5月とはがらりと変わり、今年5月・6月に発売された2010年夏モデルが半数以上を占めた。「amadanaケータイ N-07B」「Francfrancケータイ N-05B」など、有名デザイン・インテリアブランドとのコラボレーションモデルも上位に入っている。

2010年6月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<au>
順位 メーカー 品名 型番 メインカメラの有効画素数(画素) 形状 発売年月
1 京セラ SA002 SA002 808万 スライド 2010/05
2 京セラ 簡単ケータイ K003 K003 197万 折りたたみ 2009/08
3 京セラ 簡単ケータイ K004 K004 197万 折りたたみ 2010/02
4 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Cyber-shotケータイ S003 S003 1209万 スライド 2010/05
5 東芝 T003 T003 322万 折りたたみ 2009/11
6 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ BRAVIA Phone U1 SOY02 514万 回転2軸 2009/12
7 シャープ SH004 SH004 800万 回転2軸 2009/11
8 日立コンシューマエレクトロニクス beskey HIY02 808万 折りたたみ 2010/06
9 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ BRAVIA Phone S004 S004 808万 折りたたみ 2010/05
10 シャープ SH005 SH005 527万 折りたたみ 2010/01
「BCNランキング」2010年6月 月次<最大パネル>

 KDDI(au)もドコモ同様、トップ10のうち、2010年夏モデルが4機種と多数を占めた。1位は、2010年5月発売の京セラ製のスライド端末「SA002」。同じく京セラ製の「簡単ケータイ K003」「同 K004」が2位・3位に続いた。4位の「Cyber-shotケータイ S003」を筆頭に、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の端末もトップ10内に3機種入っている。

 ちなみに、6月に満を持して投入したau初のスマートフォン2機種のうち、6月24日発売の「dynapocket IS02」は22位、6月30日発売の「IS01」は28位だった。来月以降のランクアップに期待したい。___page___
2010年6月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<SoftBank>
順位 メーカー 品名 型番 メインカメラの有効画素数(画素) 形状 発売年月
1 アップル iPhone 3GS 16GB iPhone 3GS 16GB 300万 ストレート 2009/06
2 アップル iPhone 4 32GB iPhone 4 32GB 500万 ストレート 2010/06
3 アップル iPhone 3GS 32GB iPhone 3GS 32GB 300万 ストレート 2009/06
4 パナソニック モバイルコミュニケーションズ COLOR LIFE 840P 840P 200万 折りたたみ 2009/12
5 シャープ Jelly Beans 840SH 840SH 200万 折りたたみ 2010/02
6 アップル iPhone 4 16GB iPhone 4 16GB 500万 ストレート 2010/06
7 シャープ THE PREMIUM6 WATERPROOF 841SH 320万 折りたたみ 2010/06
8 シャープ mirumo2 944SH 800万 折りたたみ 2010/06
9 シャープ THE PREMIUM5 942SH 800万 折りたたみ 2010/02
10 HTC HTC Desire X06HT 500万 ストレート 2010/04
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2010年6月 月次<最大パネル>

 ソフトバンクモバイル(SoftBank)は、アップル製のスマートフォン「iPhone」シリーズが1位から3位までを独占。2009年6月発売の「iPhone 3GS」16GBモデルが1位、同32GBモデルが3位、その間に最新モデルの「iPhone 4」の32GBモデルが入った。

 過去1年間のiPhone 3GSの累計販売台数から16GBモデルと32GBモデルの比率を集計すると、16GBモデルが49.5%、32GBモデルが50.5%で、比率はほぼ5対5だった。対してiPhone 4では、16GBモデルが27.3%、32GBモデルが72.7%と、32GBモデルに人気が集中。集計期間が異なるため一概には比較できないが、より大容量のモデルが好まれているようだ。 


 携帯電話全体の販売台数に占めるスマートフォンの比率は、2010年3月の7.0%から「Xperia」の発売をきっかけに4月は17.2%へと大幅に上昇。翌5月は15.4%、6月は15.0%と、ほぼ同水準で推移している。とはいえ、まだまだ新たに購入された携帯電話の8割強は従来タイプの携帯電話。スマートフォンに一気に需要が流れているわけではない。さらに、これまでの累計販売台数を考えると、スマートフォンユーザーはまだ少数派だろう。

 NTTドコモは、総務省が6月30日に公表した「SIMロックの解除に関するガイドライン」を受け、2011年春以降に発売する新しい端末には、現行機種にかけているSIMロックを解除する機能を搭載すると発表した。他のキャリアは7月14日現在、SIMロックに関する明確な方針を打ち出していない。

 SIMロックの解除は、実質的にスマートフォンユーザーしかメリットがないといわれている。キャリアを変更すると、例えばiモードなど、キャリア独自のサービスが使えなくなると推測されるからだ。こうした動きがスマートフォンの拡大の追い風になるのか? 携帯電話ランキングの常連になったiPhone、Xperia以外のその他のスマートフォンの売れ行きにも注目したい。(BCN・嵯峨野 芙美)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで129品目を対象としています。

*BCNでは、モバイル専用のOS、キーボード機能を搭載し、ユーザー自身が自由にアプリケーションの追加やカスタマイズできる携帯端末を「スマートフォン」と定義しています。対象製品の見直しにより、スマートフォンの比率はデータ集計時により数値が異なります。

オススメの記事