ビューンは、アクセス集中のため一時停止していたコンテンツ配信サービス「ビューン」のiPad向けサービスを、7月6日0時に再開する。

iPadで表示した「ビューン」の画面

 「ビューン」は、複数の媒体の雑誌・新聞や動画ニュースなどを定額料金で読むことができるコンテンツ配信サービス。6月1日0時のサービス開始直後から、予想を大幅に上回るアクセスが集中し、コンテンツが非常に利用しにくい状態になったとして、サービスを一時停止していた。

 6月29日には、Wi-Fiネットワーク経由での利用に限って、iPad向けサービスのプレ配信を開始。「App Store」でiPad向け新アプリの提供を開始していた。

 7月6日0時に、iPad向けサービスのみ、Wi-Fi限定で正式再開する。プレ配信期間中は無料だったが、正式再開後は有料。料金は30日間で450円で、Wi-Fi経由で初めて「ビューン」を利用した日から30日間は無料となる。

 iPhone/iPod touch向けサービス、ソフトバンクモバイルの携帯電話向けサービスの開始時期については未定。準備が整い次第、順次、同社ウェブサイトなどで告知する。料金はiPhone/iPod touch向けが30日間350円、ソフトバンクモバイルの携帯電話が1か月315円。