マカフィー、マルウェアを仕掛けるLuckySploitの正体を分析

ニュース

2010/06/30 14:37

 マカフィー(加藤孝博会長兼社長)があるLuckySploitの攻撃を分析したところ、FakeAlert-BYというトロイの木馬がダウンロードされていたことが判明したことを、自社ブログで発表した。

 LuckySploitは、ソフトやハードの脆弱性を利用し、悪意ある行動をするためのプログラム「エクスプロイト」のフレームワーク。実行されるとインラインフレームの陰に潜み、疑いを持たないユーザーにマルウェアを仕掛ける。同社では、ウェブサイトにアクセスしているときに、もし下の画像を見かけたら、残念ながらFakeAlert-BYというトロイの木馬に感染していると警告を発した。

この画像を見かけたらFakeAlert-BYに感染している

 マカフィー製品では、LuckySploitダウンローダーはJS/Downloader-BNLという名前で検出され、FakeAlert-BYというトロイの木馬もすでに検出済み。ウイルス対策シグネチャを更新して、常に安全を維持するように呼びかけている。

オススメの記事