エグゼモードは、モノグラムが企画・運営するプロジェクト「カメラピープル」が企画したキーチェーン型デジタルカメラ「EXEMODE SQ30m」を発売する。価格はオープンで、実勢価格は5985円前後の見込み。

EXEMODE SQ30m

 幅53×高さ23×奥行き19mm、重さ21gとコンパクトなキーチェーン型カメラ。有効192万画素という画素数の低さを逆手に取り、明るくてノイズが少ない柔らかな印象の写りになるよう設計。1200×1280ピクセルというほぼ真四角なの静止画と、320×240ピクセル、8ミリ映画のようなノスタルジックな感じのムービー(音声なし)を撮影できる。さらに、ノーマル、モノクロ、ノイズ、ビビッドの四つのカラーモードを用意。多彩な仕上がりを楽しめる。

ノーマル、モノクロ、ノイズ、ビビッドの4つのカラーモードのサンプル写真(静止画・ムービー)

 レンズは2段階の切り替えができ、約15cmの接写も可能。撮った写真・動画は、内蔵メモリと2GBまでのmicroSDメモリカードに記録できる。電源は充電式リチウムイオン電池で、USB接続で充電する。

 6月26日から東京・目黒区のカメラピープルストアで先行販売を開始。6月28日からは「カメピネットストア」で、7月上旬からは、そのほかの全国の雑貨店などで販売を開始する。