マウスコンピューターは、ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)のキャンペーン「Watch PC?『パソコンも地デジカ』」の連携製品として、地上デジタル放送に対応したデスクトップPC3モデルを発売した。BTOに対応する。

 ラインアップは、地デジを気軽に楽しむことができる「マイルームモデル」、地デジを見ながらほかの作業ができる「パーソナルパワーモデル」、大画面と迫力あるサウンドで地デジを視聴できる「プライベートシアターモデル」の3モデル。いずれもOSはWindows 7 Home Premium 64ビット。カラーはブラック。

マイルームモデルの「Lm-iS600B-D3B-P22W」

 マイルームモデル「Lm-iS600B-D3B-P22W」は、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載する。スリムな本体で置く場所を選ばない。液晶ディスプレイは、解像度1920×1080(フルHD)の21.5型ワイド「iiyama PLE2208HDS-B2」が付属する。

 主な仕様は、CPUがCore i5-650(3.20GHz)、4GBのメモリ、1TBのHDD、光学ドライブはBDドライブ。GPUはインテル HD グラフィックスを採用した。価格は9万9750円。統合ソフトMicrosoft Office Personal 2010付きの「Lm-iS600B-D3B-P22W-A」が11万9700円。

パーソナルパワーモデルの「Lm-i722X2-D3B-P24W」

 パーソナルパワーモデルの「Lm-i722X2-D3B-P24W」は、地デジを快適に楽しめることに加え、デスクトップPCにふさわしい性能と拡張性をもつ。画像処理など負荷の高いタスクにも対応する。マイルームモデルと同様、3波対応地上デジタルテレビチューナーを装備する。液晶ディスプレイはフルHD対応の23.6型ワイド「iiyama PLE2409HDS-B1」。

 主な仕様は、CPUがCore i7-860(2.80GHz)、4GBのメモリ、1TBのHDD、光学ドライブはBDドライブ。GPUはNVIDIA GeForce GT240を備える。価格は12万9990円。統合ソフトMicrosoft Office Personal 2010付きの「Lm-i722X2-D3B-P24W-A」が14万9940円。

プライベートシアターモデルの「Lm-i724E-D3B-P27W」

 プライベートシアターモデル「Lm-i724E-D3B-P27W」は、27型ワイドの大画面と本格的なスピーカーで、まるでシアターにいるかのように地デジを視聴できる。3波対応地上デジタルテレビチューナーを搭載し、最大4番組の同時録画に対応する。スピーカーはクリエイティブメディアの5.1ch「Creative Inspire T6160」。液晶ディスプレイはフルHD対応の27型ワイド「iiyama PLE2710HDS-B1」。

 主な仕様は、CPUがCore i3-530(2.93GHz)、4GBのメモリ、2TBのHDD、光学ドライブはBDドライブ。GPUはNVIDIA GeForce GT240。価格は15万9600円。統合ソフトMicrosoft Office Personal 2010付きの「Lm-i724E-D3B-P27W-A」が17万9970円。