UCC上島珈琲は、2010年3月に発売した無糖缶コーヒーの新ブランド「UCC THE CLEAR」のプロモーションとして、ウェブとリアル世界の缶けり大会「THE CANKERI THE CLEARキャンペーン」を展開している。これに伴い、6月18-20日に実施した予選1回戦の結果を明らかにした。参加者は720人。2回戦は6月22-24日に実施する予定。

 「THE CANKERI THE CLEARキャンペーン」は、複数のインターネットメディアを介した缶けり大会。参加するにはTwitterのアカウントが必要となる。試合では参加者が「オニ」となり、つぶやきの情報をもとにするなどして、さまざまなウェブサイトの世界に逃げた逃亡者を捜し出す。この缶けり大会の決勝で上位に入賞すると、7月17日に実施するリアルな缶けり大会に出場できる。 

UCC THE CLEAR

 予選の4試合と決勝には、それぞれテーマを設定。予選1回戦は「『画像』缶けり」だった。まず、Twitterで示したヒントの中にあるブログにアクセスする。その後、画像のリンクをたどって逃亡者を捜していく、という内容になった。5分を切ってクリアする参加者が5人いるなど、早いタイムで終了する人がいた一方で、クリアまで30分かかった参加者もいたという。 

予選結果の詳細は特設ページで閲覧できる

 1回戦の初日、6月18日にトップでクリアしたユーザーにTwitter上で勝利の秘訣をきいたところ、「画像のリンク先を探すことは基本、と考えたところから始まり、ブログ記事の末尾で繰り返されていた妙な文字列が合言葉だろう、などと先回りをして見当をつけていくことで、早いタイムで逃亡者を捜し出すことに成功した」とコメントした。