NTTドコモは、フィンランドのファッションブランド「marimekko」とのコラボレーションで、フロントパネルにファブリックデザイン「UNIKKO(ケシの花)」をあしらった携帯電話「docomo STYLE series SH-02B marimekko」を、7月2日に発売する。

ドコモの「docomo STYLE series SH-02B marimekko」(レッド)

 フロントパネルにUNIKKO柄をあしらうほか、カメラ面にUNIKKOと同色のツートンカラーを採用したり、キー面にUNIKKOカラーやmarimekko独自のフォントを採用したりするなど、marimekkoのデザインをとことん楽しめる。UNIKKOをモチーフにしたきせかえコンテンツを収録する。

 有効800万画素CMOSセンサのカメラを内蔵。登録した個人の顔に優先してピントを合わせて撮影できる「個人検出」や、笑顔のときに自動でシャッターを切る機能など、カメラ機能が充実。化粧直しなどに便利なハンドミラーに使える有効43万画素内側カメラをもつ。液晶は4.3型。

 連続通話時間は約110分、連続待受時間は最大約490時間。本体サイズは幅50×奥行き16.9×高さ110mm、重さ117g。カラーは、レッド、ブルー、ブラックの3色。