キヤノンは、フラットベッド型スキャナ「CanoScan(キヤノスキャン)」シリーズの新製品として、フィルムスキャン機能をもつ上位モデル「CanoScan 9000F」を7月8日に発売する。価格はオープンで、同社オンラインショップでの予定価格は2万5980円。

CanoScan 9000F

 解像度9600dpiのCCDセンサ、ST(スーパー・トーリック)レンズに加え、フィルム読み取りユニットを改良したことで、フィルムを高画質かつ高速にスキャンできる。フィルムは35mmフィルムで最大12コマ(6コマ×2列)、マウントフィルムで最大4コマを連続してスキャンする。階調を保持したままデータを取り込むことで、画像をレタッチして作品を作ることができる。

 コピー、スキャン、メールの添付、PDFファイル作成など、利用頻度の高い機能にワンタッチでアクセスする「7EZ(イージー)ボタン」を搭載。原稿の種類を自動で判別し、適切な設定でスキャン・保存する「AUTO SCAN」ボタンを備えるなど、使い勝手を向上した。サイズは幅270×奥行き480×高さ111mm、重さは約4.6kg。カラーはブラック。