マカフィー(加藤孝博会長兼社長)は、自社ブログで、Windows 7の内部構造を2回にわたって取り上げる。第1回目は、新しい軽量カーネル「MinWin」を紹介している。

 初の「MinWin」ベースのOSといわれるWindows Vista以降は、OSのどのコンポーネントにも、他のコンポーネントとの依存関係を表す「階層番号」が割り振られている。「コード修正」は、コアのアーキテクチャチームが行う。これによって、下位層のコンポーネントが上位層のコンポーネントに依存するという問題を解決した。

 次回は、Windows 7の新機能である仮想化とリモート・アプリケーションを組み合わせた「Windows XP Mode」を取り上げる。