携帯電話販売代理店のテレコムサービスは、6月24日発売のアップル製のスマートフォン「iPhone 4」の予約受け付けを、全国の同グループの携帯電話ショップで6月15日に開始した。

予約受付を開始する6月15日17時の30分前から行列ができた「ソフトバンク池袋東口」の様子

 テレコムサービスグループは日本最大のソフトバンク販売網をもち、全国のソフトバンクショップの店舗数の約4分の1を占め、シェアナンバー1という。なお、同グループの携帯電話ショップのうち、一部店舗ではiPhoneを取り扱っていない。店舗一覧とiPhoneの取り扱いの有無は、ウェブサイト(http://www.netdebs.jp/shop_search/)からチェックできる。

 「iPhone 4」は、従来より高解像度の液晶ディスプレイを搭載し、デザインを一新。新たにビデオ通話やマルチタスクも可能になった。国内ではソフトバンクモバイルが販売する。端末の現金販売価格は、頭金0円の場合で、16GBモデルが4万6080円、32GBモデルが5万7800円。

 ブラックとホワイトの2色のうち、予約可能なのはブラックモデルのみ。ソフトバンクモバイル社長の孫正義氏のTwitterによると、ホワイトは入荷時期未定という。