NECビッグローブは、6月14日、iPadからミニブログ・サービス「Twitter(ツイッター)」をより効率的に活用できるアプリケーション「ついっぷる for iPad」の無料提供を開始した。

「ついっぷる for iPad」のランドスケープモードの画面イメージ

 PCと携帯電話向けに提供している「ついっぷる」を、iPad向けに最適化して提供。iPadの向きに合わせて、二つの表示モードが自動で切り替わる。ランドスケープ(横長表示)モードでは、ウインドウを二つに分割。左画面には、フォローしている利用者のつぶやき一覧、ダイレクトメッセージ、登録リストのつぶやき一覧をタブから選択して表示し、右画面には、自分宛ての返信、または特定利用者のつぶやきを一覧表示する。ポートレイト(縦長表示)モードでは、タイムラインだけを表示し、より多くのつぶやきを一覧で確認できる。

 書き込み件数が急増するなど、ツイッター上で話題になっている日本語のトレンドワードを表示。ワードを選択するだけで、そのトレンドワードを含むつぶやきを検索・表示し、話題のつぶやきをリアルタイムに閲覧できる。日本語版のiPad向けアプリとしては初めての提供。

 6月末からは、タイムライン上に自動で画像を表示し、つぶやきと画像を同時に閲覧できるほか、画像投稿にも対応する予定。