バッファロー、デジタル家電向け小型無線LANルータ、設定不要で簡単接続

ニュース

2010/06/10 15:19

 バッファローは、6月9日、無線LANルータの新製品として、ネットワークに対応するテレビやレコーダーなどのデジタル家電と簡単に接続できる「WLAE-AG300Nシリーズ」を、8月上旬に発売すると発表した。ラインアップと税別価格は、本体を2機セットにした「WLAE-AG300N/V2」が1万4600円、増設向けの単体「WLAE-AG300N/V」が7900円。

WLAE-AG300Nシリーズ

 親機、子機、中継機の区分けがなく、本体をテレビやレコーダーとつなげばインターネットに接続できる。PCで設定する必要はなく、初心者でも導入しやすい。例えば、リビングのレコーダーで録画した番組を2階の寝室のテレビで見る、テレビのインターネットサービスをワイヤレスで楽しむ、といったシーンで利用する。

デジタル家電とつないだデモンストレーション

 無線LANはIEEE802.11a/b/g/nに準拠。周波数帯域は2.4GHzのb/g/nと5GHzのa/nの電波を利用でき、5GHzに優先して接続するようになっている。周囲の環境に応じて、いずれかの最適な電波を自動的に選択する。電波状態がひと目でわかるLEDを備える。

ソニーのテレビ「BRAVIA」と接続

 有線LANポートを2基、電源コネクタを1基搭載。本体をコンセントに直接接続するアタッチメントを使えば、電源ケーブルいらずですっきりとする。壁掛け用のプレートとネジが付属し、電波感度のよい高い場所に設置することもできる。本体1基のサイズは幅72×高さ103×奥行き41mmとコンパクト。重さは約155g。カラーはブラック。

パナソニック「DIGA」などのレコーダーとつなぐこともできる

 製品発表会の冒頭で、中井一取締役ブロードバンドソリューションズ事業部長兼市場開発事業部長は、2000年に掲げてきた「インターネット、もっと使いやすく」というコーポレートステートメントを、昨年「デジタルライフ、もっと快適に」に変更したことを紹介。デジタル家電の周辺機器に注力する方針を改めて強調した。

中井一取締役

 中井取締役は「デジタル家電の周辺機器は、ユーザーの手持ちの資産を生かせるのがメリット。例えば古いテレビと組み合わせれば、新機能をもつテレビになる。マーケットをユーザーに認知してもらうために、テレビメーカーやプロバイダと協力して使い方を提案していく。量販店では、PC周辺機器のように、デジタル家電の周辺機器の売り場を展開できれば、と考えている」と今後の方向を示した。

オススメの記事