ソニーとソニーマーケティングは、6月10日に発売予定だった液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」の新製品、32V型「KDL-32BX30H」、26V型「KDL-26BX30H」、22V型「KDL-22BX30H」を、8月10日に延期すると発表した。理由は、「製品機能に関わる本体ソフトウェアの安定性確認に時間を要するため」としている。

500GBのHDDを内蔵した「BX30H」シリーズを新たにラインアップ(09年3月9日の発表会)

 32V型「KDL-32BX30H」、26V型「KDL-26BX30H」、22V型「KDL-22BX30H」は、同社初のHDD内蔵モデル「BX30H」シリーズとして2010年3月9日に発表。容量500GBのHDDを内蔵し、「録る、観る、消すのプロセスを簡単に」が製品コンセプトになっている。