日立マクセル、豆型イヤホンがつや消しコーティングでより“豆”らしく

ニュース

2010/06/03 18:42

 日立マクセルは、「まめ」の形をイメージしたカナル型イヤホンの新製品として、つや消しラバーコーティングを施した「HP-CN12F」を6月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1500円前後の見込み。

HP-CN12F

 ふっくらとした豆のフォルムはそのままに、ラバーコーティングのつや消し塗装を施したことで、従来のメタルカラーより豆らしく仕上がった。「えだまめ」「ももまめ」「りんごまめ」「ぱーるまめ」の4色をラインアップする。

 「えだまめ」「ももまめ」「りんごまめ」には、ハウジングと同系色のカラーコードを組み合わせ、ファッション性を高めた。

 巻きつけてコードの長さを調節する豆のサヤ形の「まめ型コードキーパー」が付属。120cmY型コードの分岐部分には、コードのからみを防ぐ「からみ防止スライダー」を装備する。

 イヤーピース部には、耳にフィットする楕円形の「オーバル型ポート」を採用したほか、抗菌作用のある銀イオンを施したことで、清潔感を高めた。イヤーピースは、M、Sサイズに加え、耳の小さな人にもフィットしやすいSSサイズが付属する。直径10mmのドライバユニットを搭載。再生周波数帯域は20-22000Hz。

オススメの記事