オンキヨー、ネットワーク対応のAVアンプ中級機、PC経由で音楽を再生

ニュース

2010/06/02 13:18

 オンキヨーは、AVアンプの中級機として、ネットワークに接続できる7.1ch対応モデルを6月26日に発売する。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、上位モデルの「TX-NA808(B)」が16万8000円前後、下位モデル「TX-NA708(B)」が13万6500円前後の見込み。

TX-NA808(B)

 2機種ともに3D映像が伝送できるHDMIの最新規格「HDMI ver.1.4a」を採用し、HDMI端子を備える3Dテレビと接続できる。「オーディオリターンチャンネル(ARC)」機能を備え、HDMIの従来バージョンで必要だった光デジタルケーブルが不要になり、ケーブル1本でテレビと接続することができる。

 ネットワーク機能を装備。Windows 7搭載のPCとLAN接続すれば、再生ソフト「Windows Media Player」がAVアンプを再生機器として認識し、PC経由で音楽を再生することができる。対応する音声フォーマットは、WAV、WMA、WMA DRM、WMA Lossless、MP3、AAC、FLAC、Ogg Vorbis、LPCM。このほかUSB端子を搭載し、iPodiPhoneとケーブルでつなぐことができる。USBメモリの再生にも対応する。

TX-NA708(B)

 上位モデルの「TX-NA808(B)」には、HDMI出力端子を2基、「TX-NA708(B)」には1基搭載する。そのほか共通の主なコネクタは、映像端子として、入力がD4端子が2基、コンポーネント端子が2基、Sビデオ端子が4基、コンポジット端子が5基、D-sub15ピンが1基。一方、出力はD4端子が1基、コンポーネント端子が1基、Sビデオ端子が2基、コンポジット端子が2基。

 サイズと重さは、「TX-NA808(B)」が幅435×高さ198.5×奥行き435.5mmで18.4kg、「TX-NA708(B)」が幅435×高さ175×奥行き379mm、重さは12.5kg。カラーはともにブラック。

オススメの記事