ACアダプタ不要、どこでもサクッと使えるHP製の薄型DVDドライブを試した

レビュー

2010/05/31 12:36

 コスト優先のネットブックや、小型・軽量化を追求したモバイルノートPCを使っていて、光学ドライブがないことに不便を感じたことはないだろうか。これらのノートPCは、プライベートだけでなく、ビジネスで使うことも多い。出張先や移動中の車内などで手軽に使える軽量・小型の記録型光学ドライブがあれば、より便利に使えるはずだ。そうしたニーズを高いレベルで満たすのが、今回紹介する「HP dvd556s」だ。ワールドワイドで確かな実績をもつHPの外付けDVDスーパーマルチドライブである。日本では始めての登場だ。

ワールドワイドで信頼を築くHPブランドのDVDスーパーマルチドライブ「HP dvd556s」

LEDが電力供給不足をお知らせ、コンバイン型USBケーブルで安定動作



 「HP dvd556s」の対応メディアは、BD以外のすべて。データのバックアップやアプリケーションディスクからのインストールが中心のビジネス用途では、依然として記録型DVDメディアやアプリケーションCDが主に活用されているので、大きな不足を感じることはないはずだ。

 特筆すべきは、「USBバスパワー駆動」に対応している点。かさばるACアダプタを必要とせず、USBコネクタからの電源供給だけで動作するので、移動中の電車内や公園などでも使用できる。配線周りもすっきりし、机上のスペースが確保できる。

 USBバスパワー駆動というと、過負荷時の電力供給不足という懸念がつきまとうが、「HP dvd556s」は本体にLEDのインジケータを備え、バスパワーの状態が確認できる。LEDが赤く光り、電力供給が不足していることを知らせてくれたら、付属のコンバイン型USBケーブルを使って、2つのUSBポートから電力供給を受ければ、安定して動作する。この点は、特にヘビーユーザーに注目してもらいたいポイントだ。

過負荷で電力供給不足に陥ったときは、このLEDインジケータが赤く光って知らせる

電力供給が不足したときには、付属のコンバイン型USBケーブルを使えば安定して動作する

 もちろん、最新OSのWindows 7への対応も万全。32ビットと64ビット、双方に対応している。

「所有するよろこび」を満たす、スリムで精悍なデザイン



 「HP dvd556s」で目を惹くのが、スリムで精悍なデザイン。ビジネス用のブリーフケースにピッタリと収まる薄型ボディを、動作時の振動を軽減し、手で持ったときのグリップ感を高めるラバーコーティングが、グッと引き締めている。その精悍なデザインは、静かに強くセンスを主張し、「所有するよろこび」を味わえるハードウェアに仕上がっている。

コンパクトで精悍なデザインの「HP dvd556s」(左)

総合型マルチメディアソフトの決定版「Nero 9 Essentials」をバンドル



 ライティングソフトは、映像、音楽ディスクの作成からデータの書き込みに対応する総合型マルチメディアソフトの決定版「Nero 9 Essentials」が付属する。ライティングの「Nero Express Essencials」以外にも、メディア再生ソフト「Nero ShowTime Essencials」、レーベルデザインソフト「Nero CoverDesigner Essencials」などのツールをパッケージしていて、あらゆるデジタルデータ活用ニーズに対応する。

CD/DVDのライティングとDVDオーサリングなどができる統合ソフト「Nero 9」の機能限定バージョン「Nero 9 Essentials」が付属する

 面白いのは、プリンタを使わずにDVDやCDメディアのレーベル面に文字や画像などを直接書き込める「LightScribe機能」を搭載していること。ビジネスシーンでのメディア管理に役立つほか、家族や友人、恋人などに渡すメディアに、好きなメッセージを書き込むなど、ニクい演出ができそうだ。ただし、「LightScribe機能」を利用するには、LightScribe対応のメディアが必要。一般のデータ記録用メディアでは、レーベル面への直接印刷はできないので、注意したい。

使いたいときにサクッと使える便利さ



 「HP dvd556s」を使ってみて強く感じたのが、軽快なモバイル性と、USBバスパワー駆動で「使いたいときにすぐに使える」という利便性だ。筆者は、ビジネスバッグとして薄型のブリーフケースを愛用している。これに、取材の資料をはじめとする雑多な書類や、やや大きめの13.3型モバイルノートPCを入れると、かなりパンパンになってしまうのだが、「HP dvd556s」は無理なく収まってくれた。もし、ここにドライブ用のACアダプタが加わっていたなら、もう少し大きめのビジネスバッグが必要になっただろう。

 ACアダプタがいらないという長所は、思った以上に利用シーンを広げてくれる。移動中の電車の中やカフェはもちろん、公園のベンチやマイカー内などの場所でもサクッと使える。得意先での販促用CD・DVDを用いたプレゼンテーションなどにも威力を発揮することだろう。もちろん、自宅でも、机の上からソファ、ベッド、果てはトイレ(?)など、場所を選ばず使える。

 BDが登場した現在でも、依然として光学メディアの主流であり続けるDVDメディア。光学ドライブを持っていない人はもちろん、すでに愛用のPCに光学ドライブが組み込まれている人にも、「HP dvd556s」の軽快な利便性は大きな恩恵をもたらすことだろう。(ITジャーナリスト・市川昭彦)

オススメの記事