NECは、液晶画面一体型のデスクトップPC「VALUESTAR Nシリーズ」の2010年夏モデルとして、3Dコンテンツが楽しめる20型ワイドの「VN790/BS」を6月下旬に発売する。3D専用メガネ「PC-AC-DP001N」が付属する。価格はオープンで、実勢価格は22万円前後の見込み。メガネ単体の価格は6000円前後の見込み。

VN790/BS

 3Dの表示方式は、多くの映画館が採用している偏光板方式。走査線1本おきに偏光フィルターを通して映像を再生し、専用メガネで右目用と左目用の画を分離して見せることで立体的な映像を表現する。パナソニックやソニーの3Dテレビなどが採用する「フレームシーケンシャル方式」と比べると、メガネに電源がなく、軽いというメリットがある。

 視聴できるコンテンツは、今後発売される3Dコンテンツを収録したBDソフトや、富士フイルムのコンパクトデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」で撮影した3D写真や動画。3D対応BDの再生ソフトとして、サイバーリンク「PowerDVD 10」を備える。

 2Dの動画を3Dに変換する「TrueTheater 3D」機能も搭載。2D映像を3Dコンテンツとして楽しめる。また、動画共有サイトのアップされている動画のうち、偏光板方式に対応した3D動画を視聴できる。3Dのテレビ番組とゲームの再生には非対応。視聴に最適は位置は、画面から60cm程度離れた正面。

専用メガネが1つ付属する

 主な仕様は、画面の解像度が1600×900ピクセル、CPUがインテルのCoreプロセッサーベース・モバイル・プラットフォーム、4GBのメモリ、1TBのHDD、Blu-ray Discドライブ。地上デジタルチューナーを1基装備し、録画やCMスキップに対応する。統合ソフト「Microsoft Office Home and Business 2010」が付属する。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット。カラーはファインブラック。