デジタルカメラを短時間で修理してくれるメーカーは?

ニュース

2010/05/21 10:24

 カシオ計算機デジタルカメラの修理サービスに力を入れている。サービスステーション(SS)の窓口や引き取り、送付などの修理でスピードを軸にしたサービスを展開。他社よりも修理時間を短縮し、いち早くユーザーの手元に返却することで顧客満足度(CS)の向上とカシオのデジカメのファンづくりにつなげる。

レンズ修理はユニット交換方式で時間短縮を実現

デジカメの修理時間短縮でCS向上、ファンづくりにつなげる



 目玉は「クイック修理サービス」。SSに故障品を持ち込めば60分で修理を完了する。レンズ、基板、フラッシュ、外装の交換などに対応。東京の秋葉原SS、大阪SS、福岡SSで行っている。「他社よりも短時間に修理を行うことでCSを高め、再購買につなげる」(SSを運営するカシオテクノの小澤康之・リペア事業推進部次長)のが狙いだ。

 カシオでは、短時間修理を実現するためにデジカメの構造を工夫している。例えば、落下などで件数が最も多いレンズ修理。これに対応するために、レンズをユニット部品にして、交換するだけで修理できるようにした。また、ユニットは製品個別の調整用データを必ず付け、そのデータを使えば、交換したレンズでピント合わせ調整などの作業が短時間で済むようにしている。

★続きはこちら(BCN Bizlineへ)
※本記事は、週刊BCN 2010年5月17日付 Vol.1333より一部抜粋したものです。全文は、ITビジネス業界紙「週刊BCN」または、ITビジネス情報サイト「BCN Bizline」でご覧ください。

オススメの記事