パナソニックは、HDDとブルーレイディスク(BD)レコーダーを内蔵した録画対応の液晶テレビ「VIERA R2Bシリーズ」2機種を、7月9日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は37V型の「TH-L37R2B」が24万円前後、32V型の「TH-L32R2B」が19万円前後の見込み。

TH-L37R2B/TH-L32R2B

 320GBのHDDとBDレコーダーを内蔵したオールインワンモデル。内蔵HDDにテレビ番組を録画したり、HDDに録画した番組をBDメディアにダビングしたりできる。BDやDVDソフトの再生、アナログ外部入力につないだ外部機器やメモリカードからの録画も可能。テレビ番組をBDに直接録画したり、DVDに書き込むことはできない。

 チューナーは、地上・BS・110度CSデジタルチューナー各2基と地上アナログチューナー1基を搭載し、デジタル放送を2番組同時に録画できる。録画モードは、「標準モード」と「長時間モード」のみとシンプルで、さらに「長時間モード」には、より長時間の録画ができるモードを追加した。

 AVコンテンツを家中のどの部屋でも見ることができる「お部屋ジャンプリンク」など、さまざまなリンク機能を搭載。ビデオ・オン・デマンドの映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」やYouTube動画の視聴に対応する。

 液晶パネルは、斜めから見てもきれいな広視野角の「新IPSαパネル」を搭載。画素数は37V型が1920×1080のフルハイビジョン、32V型は1366×768の通常ハイビジョン。