アイファイジャパンは、5月12日、無線LAN機能を備えたSDカード「Eye-Fiカード」の新製品として、デジタルカメラで撮影した写真の位置情報がわかるモデルなど、SDHCカード「Eye-Fi X2シリーズ」を5月20日に発売すると発表した。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、容量4GBのエントリーモデル「Eye-Fi Connect X2」が6980円前後、8GBのミドルモデル「Eye-Fi Explore X2」が9980円前後、8GBのハイエンドモデル「Eye-Fi Pro X2」が1万5800円前後の見込み。

 「Eye-Fiカード」は、デジタルカメラで撮影した写真や動画をワイヤレスでPCに転送できる無線LAN内蔵SDカード。写真・動画共有サイトやSNS、ブログに、手軽にファイルをアップロードできる。 

(左から)Eye-Fi Inc.のJef Holove President and CEO、アイファイジャパンの田中大祐代表取締役

 「Eye-Fi X2シリーズ」は、従来モデル「X1シリーズ」と比べてメモリ容量を増やしたほか、通信速度や無線の電波の到達距離を高めた。無線LANはIEEE802.11g/bに加えてIEEE802.11nに対応。SDスピードクラスはClass 4で、独自開発のチップ「X2 Engine」を内蔵したことで、パフォーマンスが向上した。 

Eye-Fi Connect X2

 新機能として、指定した容量を超えると、アップロードが完了した古いファイルを自動で削除して空きをつくる「エンドレスモード」を備えた。ネットワークにつながっていなくても機能する。メモリ容量の上限は、専用アプリケーション「Eye-Fi Center」で設定する。 

自社開発の「X2 Engine」で通信速度を向上

 「Eye-Fi Center」は、Webブラウザ上で動作する従来モデル向けの「Eye-Fi Manager」に代わる管理ソフト。本体から取り込んだ写真・動画はサムネイルで表示する。カレンダー機能を備え、写真や動画のファイルを探しやすい。なお、これまでのユーザーに対しては、無償でダウンロード提供する。 

Eye-Fi Explore X2

 ミドルモデル「Eye-Fi Explore X2」とハイエンドモデル「Eye-Fi Pro X2」には、写真に撮影場所を示す位置情報を付加できる「ジオタグ機能」を搭載。米SKYHOOK社のサービスを活用し、無線LANとGPSを組み合わせることで相互の弱みを補い、屋外・屋内いずれの場所でも正確な位置情報を提供する。機能は日本だけでなく、海外でも使用できる。 

写真・動画管理ソフト「Eye-Fi Center」

 「Eye-Fi Pro X2」のみ、無線LANルータを介さなくても、Eye-Fiカードを挿入したデジタルカメラから直接PCにデータを転送できる「アドホック機能」を備える。また、デジタル一眼レフカメラが採用するファイル形式、RAWデータの転送ができるほか、富士フイルム「FINEPIX REAL3D W1」など、3Dデジタルカメラが採用する最新フォーマット「MPO」の転送にも対応する。

 データ転送に対応するファイル形式は、3製品共通で、写真がJPEG。動画は、MPEG、MOV、FLV、WMV、AVI、MPEG-4 AVC/H.264(AVCHD規格)。「Eye-Fi Explore X2」には、1年間の公衆無線LANの接続機能が付属する。 

Eye-Fi Pro X2

 発表会では、新製品のほか、Eye-Fi製品の販売戦略を明らかにした。現在、動作確認済みの製品を提供しているパートナー企業として、ニコン、カシオ計算機、三洋電機、キヤノン、ペンタックス(HOYA)などの主要なカメラメーカーがあるが、今回、新たな提携先として、イーモバイルとバッファローの2社と提携することを発表した。イーモバイルは、モバイル無線LANルータ「Pocket WiFi」、バッファローはネットワーク対応外付けHDD「LinkStation」が近く対応製品になる予定。このほか、提携先のカメラメーカーを順次増やしていく方針だ。 

今後はデジタルカメラのEye-Fi対応製品も広げる方針(手にしているのはキヤノンのIXY 30S)

 Eye-Fi Inc.のジェフ・ホロブ社長兼CEOは「Eye-Fiカードなら、位置情報の添付など、デジタルカメラで撮影した写真を価値あるものにできる」とアピールした。