オーディオテクニカ、カラフルなコンパクトアクティブスピーカー

ニュース

2010/04/27 12:08

 オーディオテクニカは、コンパクトスピーカーの新製品として、デスクトップ周りにすっきり収まる「AT-SP92」と、折りたたみ式で持ち歩ける「AT-SPP30」を5月21日に発売する。価格はオープンで、実勢価格はともに3000円前後の見込み。

 「AT-SP92」は、デスクトップなどでの据え置き使用をイメージしたコンパクトなアクティブスピーカー。口径28mmのスピーカーユニットとバスレフ構造設計によって、低域から中高域までバランスよく再生する。操作しやすいよう、電源とボリュームスイッチを一体化。回すだけでスイッチが入り、音量調整できる。

AT-SP92

 最大出力は2W+2W。ACアダプタが付属する。本体サイズは高さ80×幅50×奥行き70mm。カラーは、ブラック、ブルー、ピンク、レッド、ホワイト、クレイジーの6色。

 「AT-SPP30」は、持ち歩ける折りたたみ式のアクティブスピーカー。入力コードやパワースイッチなどを内部に配置することで、未使用時は外側からコード類が見えないシンプルなデザインだ。

AT-SPP30

 小型のボディに口径50mmのスピーカーユニットを2個搭載し、見た目以上に迫力のある音を楽しめる。電池がなくなっても、補助的に使用できるパッシブ機能を備えているので、電源オフの状態で接続機器のアンプから電源供給できる。

 最大出力は160mW+160mW。電源は単4形アルカリ乾電池×2で、連続して約16時間使用できる。閉じた状態での本体サイズは高さ65×幅100×奥行き29mm。カラーは、ブラック、ピンク、パープル、レッド、ターコイズブルー、ホワイトの6色。

オススメの記事