日本エイサー、液晶ディスプレイ「Gシリーズ」で18.5-24インチの5モデルを発売

ニュース

2010/04/23 15:41

 日本エイサーは、液晶ディスプレイ「Gシリーズ」の新モデルとして、画面サイズ18.5-24インチの4種類5モデルを発売した。価格はすべてオープン。全国の家電量販店で販売する。

G195HQbd

 ラインアップは、18.5インチワイドの「G195HQbd」、21.5インチワイドで解像度がフルハイビジョン(フルHD)、アスペクト比が16:9の「G225HQAbmid」、23インチワイド、フルHD、16:9の「G235HAbid」、23インチワイド、フルHD、16:9で1.5W×2のスピーカー内蔵の「G235HAbmid」、24インチワイド、フルHD、16:9の「G245HBbmid」。 

G245HBbmid

 全機種が、コントラスト比を高める独自技術「ACMテクノロジー」と、使用環境に合わせ表示モードを選択できる「Acer e Color マネージメント」機能を搭載。出力画面を簡単に切り替えられる入力ソースの切り替えスイッチを、本体右下のメニューボタンに設けた。

 実勢価格は「G195HQbd」が1万7000円前後、「G225HQAbmid」が2万1000円前後、「G235HAbid」が2万2000円前後。「G235HAbmid」が2万3000円前後、「G245HBbmid」は2万6000円前後の見込み。

オススメの記事