マイクロソフトは4月20日、アプライド、クレバリー、サードウェーブ、ユニットコムの大手PCショップ4社と協力し、ネットブックユーザー向けのWindows 7移行サービスを開始した。

左から、マイクロソフト コマーシャル Windows 本部の中川哲本部長、クレバリーの後藤隆代表取締役、サードウェーブの永井正樹取締役、ユニットコムの前谷正弘取締役 事業統括本部長

 移行サービスは、マイクロソフトが製品技術情報などを提供し、PCショップ各社がWindows XP搭載のネットブックユーザーに対して、ハードの強化やWindows 7のインストール作業、動作検証情報などのサービスを提供するもの。

 マイクロソフト コマーシャル Windows 本部の中川哲本部長は、「いま市場にある約277万台のネットブックのうち、約89%がWindows XPを使用していて、性能に不満をもっている人が多い。ネットブックはおよそ2年前に市場が立ち上がり、現在、イー・モバイルをはじめとする通信アダプタの契約更新の時期。ぜひこの機会に、起動やシャットダウン、アプリケーションの反応速度など、Windows XPに比べてパフォーマンスが高いWindows 7に移行してもらい、手持ちのネットブックを長く使って欲しい」と、サービス提供の意図を語った。

 Windows 7は、ハードとセット販売することで、求めやすいDSP版を提供。サービス内容と価格はショップによって異なるが、作業料込みで2万円-3万円台後半の見込み。

 アプライドは、5月上旬からHDD換装とWindows 7へのアップグレードをパッケージ化して提供する。

 クレバリーは、Windows 7 Home Premiumへのアップグレード+2GBのメモリ増設サービスをパック料金2万7800円で、都内4店舗と直販サイトを通じて提供する。

 PCショップ「ドスパラ」を運営するサードウェーブは、対象のネットブックユーザーが、交換用のメモリ、HDD/SSD、DSP版Windows 7をドスパラで購入した場合、HDD/SSDの取り付け+OSのインストール作業が50%オフになるキャンペーンを4月20日-5月31日の期間限定で展開する。例えば、メモリの交換+OSインストールは、通常価格1万8000円のところを9000円で提供する。

 「パソコン工房」「TWOTOP」「Faith」を運営するユニットコムは、今回のサービス開始に先駆けて、Windows 7へのアップグレードサービスをOS発売日から実施している。価格は、ハードの増設+OSのインストールで3万円程度。