三洋電機は、ムービーカメラ「Xacti」の新製品として、解像度1920×1080のフルハイビジョン動画と約1440万画素の静止画が撮影できる縦型の「DMX-CG100」と横型の「DMX-GH1」を、4月16日に発売する。実勢価格は、ともに3万5000円前後の見込み。

Xacti DMX-CG100

 動画撮影時のズーム機能として、40-240mm(35mmフィルムカメラ換算)の「ワイドモード」と80-480mm(同)の「テレモード」の2種類を装備。ボタンで切り替えることで2本のズームレンズを交換するような使い方ができ、40-480mmの最大12倍という幅広い範囲が撮影領域になる。画質を劣化せずに高倍率を実現するデジタル技術「アドバンストズーム」を使用している。

 動画形式は、PC上で扱いやすい「MPEG-4 AVC/H.264」。Windows 7でサポートしており、撮影した動画を静止画のようにサムネイルで表示するほか、再生ソフト「Windows Media Player」で再生したり、動画編集・作成ソフト「Windows Live ムービーメーカー」で編集したりすることができる。

Xacti DMX-GH1

 「DMX-GH1」には、上面の前方に「ダブルサブRECボタン」を搭載。ローアングル撮影のとき、親指でボタンを押して録画をスタートする。丈の低い草花やペット、小さい子どもを撮るのに役立つ。このほか、2モデルとも手ぶれ補正や顔検出追尾など、撮影をサポートする機能を備える。

 記録媒体はSD/SDHCメモリカード、SDXCメモリカード。約50MBの内蔵メモリを備える。サイズと重さは、「DMX-CG100」が幅85.7×奥行き37.4×高さ110.3mm、約158g。「DMX-GH1」は幅38.5×奥行き109.6×高さ55mm、約155g。カラーは「DMX-CG100」がホワイト、レッド、ブルー、「DMX-GH1」がシルバー、ピンク、ブルー。