LGエレクトロニクス・ジャパンは、3D(立体映像)対応のフルハイビジョン液晶ディスプレイ「W2363D」を4月下旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は4万円前後の見込み。

W2363D

 23インチのワイドタイプで、1秒間に120コマを表示する倍速液晶パネルを採用。対応するグラフィックボードを使用することで滑らかな映像を表示し、表示遅延も低減することができる。

毎秒60コマ(左)と120コマとの比較イメージ

 120コマの表示機能を搭載することで、エヌビディアの高速シャッターグラスを使った3Dシステム「3D VISION」に対応。「GeForce 200シリーズ」以上のグラフィックカードを使用し、ワイヤレスグラスを装着することで、PCゲームを3Dで楽しめる。

(左から)120Hz表示の2D、グラス着用時の3D画面、グラス未着用時の3D画面のイメージ図

 2次元(2D)の表示では、映像と音声の遅延を低減するスルーモード機能を備える。発光パターンも「映画」「ゲーム」「音楽」のモードから表示するコンテンツにあわせて選択が可能。モードの選択やLEDライトのオン・オフは、べゼル右下のボタンで操作する。

 米SRS社の高音質技術に対応し、3D効果と音を調整し、立体的な音を出力する。入力するコンテンツで起こる音量の違いなども、自動で調節する。ただし、ディスプレイにはスピーカーを搭載していないので、別途用意する必要がある。

 視野角は水平170度、垂直160度で、コントラスト比は最大70000:1。入力端子はDVI-D(Dual)、HDMI×2、PC Audio Inを搭載する。サイズは幅555.5×奥行き205.95×高さ419.2mm。