ビックカメラ、BCN AWARD 2010を展示に活用、「一番売れているソフト」をアピール

特集

2010/04/05 11:10

 ビックカメラ池袋本店パソコン館の4Fパソコンソフト・書籍フロアでは、デジタル家電製品の年間販売数量1位のメーカーを表彰する賞「BCN AWARD」の受賞メーカーと主力製品がひと目でわかる展示を展開。「一番売れているソフト」を、お店からわかりやすく提案している。

BCN AWARD 2010を活用して「一番売れているPCソフト」をアピール

 「BCN AWARD」は、BCNが全国の量販店のPOSデータを集計する「BCNランキング」に基づき、デジタル家電製品の年間販売数量1位のメーカーを表彰する制度。

 この展示は池袋本店パソコン館独自の取り組みで、「ソフトの市場が厳しいなか、フロアで何か目立つ展開をしたい」(4F・PCソフト担当の谷伸一郎主任)と企画した。「エレベータの前という来店者の目につきやすい場所に設置する」(谷主任)ことで、「一番売れているソフト」を来店者にわかりやすくアピールする。

 特に、「あらかじめ買う製品を決めて来店されるお客様は、この展示から直接、ソフトのパッケージを手に取ってレジに持ってくる」(谷主任)という。池袋本店パソコン館では、この後、2010年上半期の販売数量1位のメーカーを展示に活用することを考えている。

オススメの記事