ソニー、液晶テレビ付属のテーブルトップスタンドを無償交換、本体落下の恐れ

ニュース

2010/04/02 14:46

 ソニーは4月1日、液晶テレビ「BRAVIA」で2005年11月から販売している40V型「KDL-40X1000」と46V型「KDL-46X1000」の一部に、製造上の不備でネジ穴部分の強度が不十分なテーブルトップスタンドを付属していた可能性があると発表。テーブルトップスタンドの無償交換を実施する。

 該当製品は、「KDL-40X1000」の製造番号「7000001-7007505」、「KDL-46X1000」の製造番号「7000001-7006727」。型名はテレビ全面の右下に表記、製造番号は保証書で確認できる。保証書がない場合は、付属リモコンの操作で確認する方法を、同社HPで案内する。同社では、対象製造番号の製品のユーザーは、付属テーブルトップスタンドの交換が終わるまで、テレビの角度調整をしないように呼びかけている。

 同社はネジ穴部分の強度が不十分になった原因を、ネジ穴の内径が通常より大きかったためと判断。ネジ穴部分の強度が不十分な付属テーブルトップスタンドでは、テレビの角度調節など、繰返し力を加えた場合、まれにテレビが転倒し落下する恐れがあるという。なお、4月1日現在、2009年11月に本原因でテレビが転倒落下したという事例報告が1件あるが、これによるケガの報告はない。

 ユーザーへの対応は、4月1日から同社HPと4月2日付の新聞で案内し、ユーザーからの電話での申し出と照会によって、該当対象製造番号の製品に付属するテーブルトップスタンドを無償で交換する。

 受付窓口の電話番号は「0120-335-855(専用フリーダイヤル)」で、月-金曜日は9:00-18:00、土・日・祝日は9:00-17:00の時間帯で受け付ける。

オススメの記事