ソフトバンクモバイル、3G一体型モバイル無線LANルータ「Pocket WiFi」

ニュース

2010/03/19 17:17

 ソフトバンクモバイルは、中国ファーウェイ製の3G一体型モバイル無線LANルータ「Pocket WiFi(ポケットワイファイ) SoftBank C01HW」を、3月下旬以降に発売する。新規契約で24回払いの新スーパーボーナスを利用した場合、実質の合計負担額は9600円。

Pocket WiFi(ポケットワイファイ) SoftBank C01HW

 携帯電話用の3Gの電波をWi-Fiに変換してアクセスポイントにする3G一体型のモバイル無線LANルータ。3Gエリア内であれば、Wi-Fiのアクセスポイントがない場所でも、ノートPCやポータブルゲーム機などのWi-Fi対応機器を最大5台まで、同時にインターネットに接続できる。

 通信方式はW-CDMAで、通信速度は下り最大7.2Mbps、上り最大5.8Mbps。無線LANはIEEE802.11b/gに準拠する。USB2.0と最大16GBまでのmicroSDHCカードに対応する。連続通信時間は約4時間。本体サイズは幅48.6×高さ14.1×厚さ95.5mm、重さ約80gとコンパクトで、手軽に持ち歩ける。

 料金プランは、月額700円-4679円の「データ定額プラン」と月額300円の「データ従量プラン」を合わせた「データ定額ボーナスパック」に対応。トータルで月額1000円-4980円で利用できる。

 「データ従量プラン」で使用した通信料は定額の対象外で、利用したパケット数に応じて通信料がかかる。「データ定額プラン」または「データ従量プラン」の単独契約にも対応する。

 なお、イー・モバイルも同製品を販売している。

オススメの記事