パナソニック、ポータブルナビ「Strada POCKET」新製品、大画面7V型と5V型

ニュース

2010/03/16 19:44

 パナソニックは、フルフラットタッチパネルを採用し、迂回ルート探索などナビゲーション機能を強化したポータブルSDカーナビステーション「Strada POCKET(ストラーダポケット)」の新製品5モデルを4月16日に発売する。

Strada POCKET 7V型モデル
(左から、CN-MP700VD/CN-SP700VL、CN-MP700D/CN-SP700L)

 コンパクトサイズながら、本格的なナビゲーション機能を搭載したPND(ポータブル・ナビゲーション・デバイス)。新たに、ルート案内中に駐車場やコンビニなど任意のランドマークを高速表示する「ランドマークセレクト」機能、混雑を避けたいときなどに、すばやく迂回ルートを探索する「迂回ルート探索」機能などを盛り込んだ。

 ルート検索は、5ルート、4か所までの経由地設定が可能。探索条件は「おまかせ」「高速優先」「一般優先」「距離優先」「別ルート」から選択できる。家電量販店で販売する「CN-SP300L」以外のモデルは「3Dハイブリッドセンサー」を搭載し、GPS信号の受信が難しい場所でも高い自車位置測位精度を実現した。

 地図データは、付属の8GBのmicroSDHCメモリーカードに収録。25m、50m縮尺の全国1022都市の市街地図に加え、タウンページ掲載事業所の電話番号約890万件、ハローページ掲載の個人宅の電話番号約2100万件、住所情報約3700万件分など、豊富なデータベースを収録する。

 さらに、VICS搭載モデルは、FM多重放送によるVICS(道路交通情報通信システム)に対応しており、リアルタイムで受信した渋滞・混雑、所要時間、規制・事故などの道路交通情報や駐車場の空き情報などが文字・図形・地図の三つの形で表示できる。

 本体はブラックカラーのシックなデザイン。凹凸のないフルフラットタッチパネルディスプレイを採用し、従来の5V型ディスプレイモデルに加え、新たに大画面の7V型モデルをラインアップした。7V型モデルは、操作ボタンを本体ディスプレイの右側に集中配置し、運転席から操作しやすくした。

 全機種、ワンセグチューナーを内蔵し、ワンセグ放送の視聴とSDメモリカードへの録画が可能。「CN-SP300L」を除き、SDカードに保存した、MP3/WMA形式の音楽ファイルの再生にも対応する。

 カー用品店と家電量販店の2ルートで販売。販売経路によって型番は異なるが、製品は同じ。価格はすべてオープンで、実勢価格は、画面サイズが7V型ワイドでVICSに対応した最上位モデル「CN-MP700VD/CN-SP700VL」が7万9000円前後、VICS非対応の「CN-MP700D/CN-SP700L」が6万9000円前後の見込み。 

Strada POCKET 5V型モデル
(左からCN-MP500VD/CN-SP500VL、CN-MP500D/CN-SP500L、CN-SP300L)

 5V型ワイドモデルは、VICS対応の「CN-MP500VD/CN-SP500VL」が6万6000円前後、VICS非対応の「CN-MP500D/CN-SP500L」が5万6000円前後、家電量販店のみで販売するVICS・音楽再生非対応の「CN-SP300L」が4万6000万円前後の見込み。

オススメの記事