タカラトミーは、電子レンジを使ってたこ焼きができる調理玩具「はっちゃんのおうち屋台」を3月20日に発売する。価格は3990円。レシピ開発に、オタフクソース社の協力を得た。

はっちゃんのおうち屋台

 たこ焼き粉、水、卵と、タコ、青ねぎ、紅しょうがなどの具を使ってたこ焼きを作るオモチャ。作り方は、まず材料を生地シェイカーに入れ、振ってよく混ぜる。次に「はっちゃんポット」にたこ焼きトレイをセットし、7つの穴に具を入れた後、生地をトレイの縁まで注ぐ。その後、電子レンジで加熱すれば、アツアツのたこ焼きが完成。加熱時間は、出力500Wの電子レンジの場合で約2分。たこ焼き1個のサイズは約3.2cm。材料1回分で約28個を作ることができる。

 このほか、付属のトレイを使って約5.4cmの大きな「ギガたこ焼き」や、「はっちゃんポット」に生地を注いでお好み焼きを作ることができる。さらに、生地の粉をホットケーキの素に変えれば、アイスやチョコレート、あんこなどをトッピングしたスイーツなど、オリジナルメニューの創作が楽しめる。

「はっちゃんのおうち屋台」のWebページ

 エイベックス・エンタテインメント社とのコラボレーションで、ユニット「しがせいこ WITH オクトパス8」を結成。CMや店頭でのプロモーション映像などで使用するイメージソング「オーマイTACCO」を共同で制作した。曲には、子どもが口ずさみやすいフレーズや、まねしやすい振り付けを取り入れている。着うたとして、3月末に専用サイトで配信する予定。