Foxit Japan、電子ブックリーダー「eSlick」の価格を改定

ニュース

2010/03/05 17:39

 Foxit Japanは、6型画面を備える電子ブックリーダー「eSlick(イースリック)」にインターネット電子図書館「青空文庫」の書籍1000冊を添付し、価格を3万2800円から2万9800円に改定して3月4日に発売する。同社およびパートナー企業のWebサイトで販売する。

eSlick

 「eSlick」は、文書や写真のファイルをPDF形式に変換して視聴する電子ブックリーダー。重さ180g、厚さ9.2mmの軽量・薄型ボディが特徴だ。日本語フォントを搭載し、フォントを埋め込んでいないPDFでも日本語を閲覧できる。

 「青空文庫」は、著作権の切れた作品を提供するWeb上の図書館。作品は、夏目漱石『吾輩は猫である』、芥川龍之介『羅生門』、太宰治『斜陽』などの日本人作家の作品や、スイフト『ガリバー旅行記』、スティーブンソン『宝島』など海外作家作品、合計1000冊を収める。

 デジタル著作権保護技術「KeyringPDF」に対応し、電子書店「パピレス」などからダウンロードしたコミック、小説、専門書などのコンテンツ表示に対応する。企業向けソフトウェアのカスタマイズやソリューションの組み込みを実施すれば、業務用途にも使用できる。

 電源は充電式バッテリで、フル充電の場合、8000ページ程度を読むことができる。ページサイズを50-400%に縮小・拡大するズーム機能を備える。閲覧可能なファイル形式は、PDF、TXT、JPEG、eReader、音声はMP3。

 画面には解像度600×800ピクセルのEInk製電子ペーパーVizplex screenを採用。SDカードスロットを備えるほか、512MBの内蔵メモリをもつ。コネクタはUSB端子を装備。OSは組み込みLinux。サイズは188×118×9.2mm。カラーは黒、グレー、白。2GBのSDカードが付属する。

オススメの記事