パステムセゾン、ヨドバシカメラ店頭で携帯電話の買い取りサービスを開始

サービス

2010/03/04 11:06

 パステムセゾンは3月3日、ヨドバシカメラの店頭で携帯電話の新規購入や機種変更を行ったユーザーを対象に、携帯電話端末の買い取りサービスを開始した。

 買い取りは、NTTドコモ、auKDDI)、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル、ウィルコムの携帯電話やPHS会社のスマートフォンを含めた端末すべてが対象。値段のつかない機種は、リサイクル品として回収する。

 ヨドバシカメラでユーザーが新規購入や機種変更をした際に買い取りを希望すると、端末の機能や動作のチェックを行い、買取り価格を提示する。査定は20-30分程度で完了する。

 買い取りには、運転免許書、健康保険証、パスポートなどの本人確認ができる書類と、ヨドバシカメラで携帯電話を購入したことが証明できる申込書やレシートなどが必要になる。未成年の場合は保護者の同意も求められる。

 買い取り価格などの問い合わせは、ヨドバシカメラ各店の買い取りコーナーやPC相談カウンター「PCDOCK」、コールセンターで受け付ける。

 パステムセゾンは、PC相談カウンターやパソコン教室の運営を行う会社。ヨドバシカメラではPC相談カウンター「PCDOCK」や買い取りカウンターの運営を手がけている。同社が携帯電話端末の買い取りを全店舗で本格的に実施するのは今回が初めて。

オススメの記事