環境省・経済産業省・総務省は、2月19日、2009年5月にスタートした「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業」制度を改善し、家電購入の期限を2010年12月31日まで延長した。4月1日から実施する。

新しいエコポイント対象製品告知ラベル

 主な改善点は、対象製品の省エネ基準の強化、LED電球の利用促進、申請手続きの改善。地上デジタル放送対応のテレビに関しては、対象製品の省エネ基準を「4☆」「5☆」に強化。そのため、現在対象となっている地上デジタル放送対応テレビの一部は対象外となる。また、購入した製品をLED電球との交換に利用すれば、必要なエコポイントの点数が半分になるなど、LED電球の利用を促進する。

 申請手続きの改善では、申請書を配布する「サポート販売店」のうち、客から依頼があった場合に申請書を作成する「ゴールドサポート販売店」の運用を開始。また、申請書に型番・製造番号の記入が不要になるほか、領収書の原本やメーカー保証書のコピーなどの貼付欄を分かりやすくした。さらに、対象製品をより分かりやすくするため、対象製品告知ラベルを変更する。