総務省テレビ受信者支援センター(デジサポ)は、2月19日、地上デジタル放送(地デジ)の個別受信の対応促進施策で、簡易なアンテナで地デジを受信できるかどうか確認できる「地デジ専用アンテナキット」の無償貸し出しを行うと発表した。

 今回、無料で貸し出す「地デジ専用アンテナキット」は、地デジ用の簡易アンテナや専用チューナーなどで構成。キットに同封される受信可否などのアンケートに回答し、到着後、1週間以内に返送する必要がある。

 対象は、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都4県の在住者。申し込み方法は、デジサポのWebサイト(http://digisuppo.jp/)または家電量販店の店頭で配布する申込書用紙に必要事項を記入し、本人確認書類を添付して、地デジ専用アンテナキット事務局まで郵送またはFAXで送付する。申込書用紙のダウンロード・配布は2月22日から開始する。

 地デジを直接受信するにはUHFアンテナが必要だが、今回の無償貸し出し地域ではアンテナの工事や方向調整等を必要とするケースが多く、地デジ普及の課題の一つとなっている。

 地デジはアナログ放送に比べ、ビルなどによる受信障害に強い特性をもっており、これまでアナログ放送で受信障害が発生していた地域でも、多くは直接アンテナで受信することができる。特に送信所の近くなど電波の強い地域では、今回のキットに含まれる簡易な地デジ用アンテナでも、良好に受信することができる。

「地デジ専用アンテナキット」イメージ