パナソニックは、ステレオICレコーダーの新製品として、内蔵メモリ容量4GBの「RR-US591」と2GBの「RR-US571」を3月12日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4GBモデルが1万3000円前後、2GBモデルが1万円前後の見込み。

 録音した音声を聞き取りやすくする「ノイズカット」機能を搭載。人の声以外の高域・低域周波数の音をカットして再生することで、会議やインタビューなどで収録した人の声を聞き取りやすくした。また、従来機と比べてスピーカー再生出力を30%向上。録音した音声を大きな音で再生できる。

左からRR-US591-K、RR-US571-S、RR-US571-R

 そのほか、周囲の声を抑えることで狙った声を拾う高感度「ズームマイク」や、ワンタッチで録音シーンに適した設定が選べる「録音ポジションスイッチ」、パスワードを設定して機密情報を含んだ音声ファイルの情報漏えいを防ぐ「セキュリティ機能」を搭載。音声録音のほか、MP3音楽ファイルの再生に対応する。

 最大本体サイズは、幅約40.4×高さ110.6×奥行き16.8mm。単4形アルカリ乾電池2本を含む重さは約65g。本体カラーは、メモリ容量4GBの「RR-US591」がブラック、2GBの「RR-US571」がシルバーとレッドの2色。