シャープは、4.3型デジタルフォトフレームとコードレス電話機を一体化した「インテリアホン」2製品を、4月中旬に発売する。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、子機1台の「JD-4C1CL」が2万円前後、子機2台の「JD-4C1CW」が2万8000円前後の見込み。

JD-4C1CL

 奥行き87mmと薄型の本体に、解像度480×272ピクセルの4.3型ワイド液晶を備え、電話とデジタルフォトフレームの機能を1台にまとめた。あらかじめ登録した相手の写真をタッチして発信する「フォト電話帳」や、着信時に相手の写真を大きく表示する「フォト着信」に対応している。

 写真と合わせて4種類のカレンダーや8種類の時計を表示することができるほか、誕生日や記念日までの日数をカウントダウンする機能や、キッチンタイマー機能を備えるなど、画面コンテンツが充実。内蔵メモリは64MB。外部メモリは、SD/SDHCメモリーカード、メモリースティック/メモリースティックPROに対応する。

 コードレスでの連続使用時間は、待受時約150時間、通話時約5時間。本体サイズは幅225×奥行き87×高さ168mm、重さ380g。カラーは、ホワイト系、ブラウン系、レッド系の3色を用意する。